2010年04月06日

仲里依紗、ヌード挑戦にも意欲的


未開封新品DVD-BOX「ハチワンダイバー(81DIVER)パーフェクトエディション」溝端淳平、仲里依紗

仲里依紗さん、一気に駆け上がりましたね。

ちょっと前に深夜ドラマのハチワンダイバーでセクシーなメイド姿で出演していたのが懐かしいです。
ゼブラクイーンも負けず劣らずのセクシー衣装らしいですから
ファンには必見の映画なんじゃないでしょうか。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000018-eiga-movi

「身も心も出し尽した」仲里依紗、ヌード挑戦にも意欲的

 [eiga.com 映画ニュース] 哀川翔の主演最新作「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」の完成披露試写会が4月5日、東京・後楽のJCBホールで行われ、哀川をはじめ共演の仲里依紗、阿部力、三池崇史監督、脚本の宮藤官九郎らが舞台挨拶に出席した。

 同作は、哀川の100本目の主演作として製作された「ゼブラーマン」(04)の続編。前作から15年後の2025年、ゼブラシティと名を変えた東京を舞台に、記憶をなくした主人公・市川新市(哀川)が、地球を救ったヒーロー・ゼブラーマンとしての姿を取り戻していく姿を描く。悪役ゼブラクイーンに扮した仲が、セクシー衣装に身を包んでいることも話題の一作だ。

 哀川は、激しいアクションシーンが満載で「撮影に入る前、みんなに『ゼブラーマン』はつらいぞと言ったんだけど、自分が一番きつかった」とこぼしたが、仲のアクションについては「回し蹴りが強烈」と絶賛。仲は、「身も心も全て出し尽して、もう出すところはないんじゃというくらい」と完全燃焼した様子だ。それでも、三池監督が「あとはスッポンポンになるしかない」と発破をかけると、「モザイクをかけてもらえれば大丈夫です(笑)」と大胆発言も飛び出した。

 一方、三池監督は「宮藤さんの脚本がすごい。僕は脚本に書かれていることを演出しただけですし、今日は皆さん、お金を払っていないので『金返せ!』という怒りは宮藤さんに向けていただくとして、あ然とするラストを楽しんで」とニヤリ。宮藤は、「4年くらい前から準備していてやっとできた。作品はとにかくすごいです。ビックリします」と話すに留めた。そんな不穏な発言が相次いだが、哀川は「僕のデビュー25周年の集大成になる映画になっている。どこかで見たことある、やったことがあるなってカットもあって、監督の愛を感じた。素敵な映画に仕上がっています」と胸を張った。

 「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」は東映配給で、5月1日から全国で公開。


仲里依紗/Riisa films
posted by newsman at 00:29 | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
GoogleAppsのトリセツタクティクスオウガ攻略
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。