2010年04月07日

高杉晋作記念館、愛用の三味線展示できず


居合練習刀 名刀シリーズ 『粟田口 高杉晋作愛刀』 布製刀袋付き

愛用の三味線や写真など
記念館収蔵の遺品158点の展示はしないとのことなんですが、
高杉晋作ってかなり三味線のイメージが強いですから
ちょっと残念な話ですね。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000628-yom-soci

高杉晋作記念館、遺品展示できず…ひ孫が断る

 山口県の下関市教委は5日、高杉晋作を顕彰する東行記念館(下関市吉田)で当面、愛用の三味線や写真など記念館収蔵の遺品158点の展示はしないことを明らかにした。

 管理運営費執行の条件となっていた子孫の了解が得られなかった。開館時期も当初予定していた14日から今月末に延期する。

 市議会文教厚生委員会で市教委が報告した。

 記念館は市が改修し、今月から市の施設として管理運営する予定だった。しかし、これまで記念館を運営してきた宗教法人東行庵が3月に萩市と晋作のひ孫の男性を相手取り、萩市が保管する遺品69点の返還を求めて提訴。

 3月議会の委員会で「トラブルが起きているのに、公金を出すのはいかがなものか」と慎重な意見が相次ぎ、中尾友昭市長は、ひ孫の男性に遺品の展示の了解を得ることを条件に、管理運営費の執行を認めるよう提案、委員会も了承した。

 その後、市教委が男性に面会を求めたが、係争中との理由で断られたため、市教委は展示は困難と判断した。開館時期についても、管理運営費の執行に条件が付いたことから、準備が遅れたという。

 この日の委員会で、市教委は、奇兵隊隊士の書状など、収蔵品1200点の中から展示して開館する方針を報告し、委員会も認めた。

 中尾市長は「残念だが、裁判になったので、高杉家の対応は当然。行方を見守り、どのような結果でも、遺品の展示ができるように対応したい」と述べた。
posted by newsman at 01:26 | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
GoogleAppsのトリセツタクティクスオウガ攻略
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。