2010年03月31日

なんか凄そうだけど、イマイチ分からない


次元とは何か

この「スイスとフランスとの国境を越えて建設された1周27キロ・メートルの円形の地下トンネル内で、
光速近くに加速した陽子同士を衝突させる装置」
(大型ハドロン衝突型加速器 (Large Hadron Collider、略称 LHC) )って
上に紹介している次元とは何かって本に載ってました。

陽子を衝突させることで、
弾け飛んだ様子を観測をすることで新しい素粒子を発見したり
消滅した素粒子の行き先(4次元とか5次元とか)を予測することができるらしいですよ。

もしかしたら、ドラえもんの世界みたいな話が本当にあるかもしれないですね。
(日常生活にはなんら関係ない実験ですが・・・。)

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100331-00000074-yom-sci

7兆電子ボルトで陽子衝突実験に成功…過去最高

欧州合同原子核研究機関(CERN、本部ジュネーブ)は30日、巨大粒子加速器(LHC)で、7兆電子ボルトで陽子を衝突させる実験を初めて成功させたと発表した。

 CERNによると、米フェルミ国立加速器研究所が2001年に記録した約2兆電子ボルトを上回り、過去最高となる。

 衝突で宇宙の始まりの時期に似た高エネルギー状態を作り出せるため、実験を続けると、素粒子に質量を与える「ヒッグス粒子」など未知の粒子の発見につながるのではないかと、世界で期待されている。

 LHCは、スイスとフランスとの国境を越えて建設された1周27キロ・メートルの円形の地下トンネル内で、光速近くに加速した陽子同士を衝突させる装置。今回は加速エネルギーが3・5兆電子ボルトの陽子同士を正面衝突させた。
posted by newsman at 11:54 | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒に強い・弱いは唾液で判断できる時代


息を吹きかけるだけの簡単測定マザーツール AT-126 アルコールチェッカー

酒の強い・弱いまでDNAから判断できちゃう時代になったんですね。
でも、新入社員研修に使うって・・・。
「僕、検査で弱いと診断されたので飲みには行けません」って
部長の誘いを断る新入社員とか出てきちゃうんでしょうかね。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100330-00000005-oric-ent

酒に強い・弱いを唾液で評価、アサヒビールが開発

 アサヒビールは29日、アルコールに強いか弱いかの体質チェックを簡便に行える『スピードチェック法』を開発したと発表した。被験者の唾液からDNAを抽出し、専用機器を使ってアルコール分解酵素の働きを解析するもので、所要時間約2時間、費用1000円未満で行える。一般へ向けての活用は現在のところ未定だが、同社は今後、このチェック法をグループ各社に入社する新入社員向け研修や、大学での適正飲酒セミナーに試験活用して適正飲酒への意識向上と啓発を促していく。

 アルコールを飲むと、肝臓で“アルコール脱水素酵素”と“アルデヒド脱水素酵素”の2つが作用する。これら酵素の働きの強さは主として遺伝によって決まり、遺伝子の型の組み合わせによって異なるため、「酒に対する強弱」や「酒を飲んだ時の体調」に個人差があるとされている。

 同社はこの判別法に着目し、遺伝子型の判別技術向上によるアルコール体質のチェック方法を研究。現在の体質チェックはアルコールを浸したガーゼを肌につけて反応をみるパッチテストや、髪の毛や血液からDNAを取り出す遺伝子型判別テストが一般的だったが、より手軽に、低コストで行えるうえに精度が高い新チェック法を開発した。

 被験者自身がスポイトで唾液をDNA保存カードに滴下するだけという採取の手軽さや、番号が記載されたタグを用意することで無記名のまま提出できる匿名性の高さも特長で、同社は「個々人のアルコールに対する体質や飲酒の諸条件を踏まえて明らかにし、それを適正飲酒啓発につなげることで、飲酒による社会的・健康的諸問題の発生予防と、よりよい飲酒文化の構築を目指して研究を推進する」としている。
posted by newsman at 11:15 | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年03月29日

ビルゲイツが原発に魅せられた理由


【ビル・ゲイツ講演DVD】ビルゲイツとバフェット

これ、なかなか面白い記事ですね。
要は、原発の仕組みや存在に興味を持ったのではなく、
投資のカテゴリとしてまだ未知数の原発ビジネスに興味を持ったという事なのかな。

ん?でも、財団としての投資だから利益回収と言うよりも
発展途上国の為の資金提供なのか?
たぶん、いろいろな意味でお金を出しているのだと思うのですが、
真意はどこにあるんでしょう。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100329-00000304-wsj-bus_all

【現地記者に聞く】ビル・ゲイツが原発に魅せられた理由

 今月、米マイクロソフト創業者で会長のビル・ゲイツ氏が、東芝と共同で小型原子炉の開発に乗り出すとのニュースが世界中を駆けめぐった。それまで原発に関心を持っていたことはほとんど知られていなかったゲイツ氏が、原子力エネルギーに着目するようになったきっかけは何か。今後何を目指し、どのような戦略を展開するのか。ウォール・ストリート・ジャーナルのサンフランシスコ支局で10年以上にわたってゲイツ氏の取材を続けているロブ・グース記者に聞いた。
posted by newsman at 23:22 | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年07月21日

日本脳炎、厚労省が注意喚起

昔は痛〜い注射をみんな打たれてましたけどね。

厚生労働省は20日、日本脳炎の予防接種の激減により、この病気の免疫を持つ0〜4歳の子供の割合が2割以下まで低くなっているとして、子供らが日本脳炎ウイルスを媒介する蚊に刺されないよう、ホームページで注意喚起を始めた。

 日本脳炎はウイルスによって脳が侵される病気。ウイルスを持つ豚などの動物を刺した蚊が、人を刺すことで感染する。感染しても発症するのはまれだが、意識障害の症状を起こすと20〜40%が死に至る。回復しても半数に、知能障害や手足のマヒなど重い後遺症が残る。

 日本脳炎は予防接種法に基づき、定期接種の対象の感染症となっているが、同省は2005年5月に、接種後に重い副作用が出たとして、積極的な勧奨を控えるよう、市町村に勧告。希望者は接種できるが、4歳以下の接種率は06年度で30%を下回っており、免疫を持たない子供らが増えている。

『Yahoo!ニュース』より引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070721-00000002-yom-soci
posted by newsman at 11:40 | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
GoogleAppsのトリセツタクティクスオウガ攻略
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。